競馬 趣味編

宝塚記念予想

本日は宝塚記念!

例年と違って、フルゲート18頭で豪華なメンバーが揃った。

宝塚記念はファン投票で出走が決まるシステムであり、ここは好きな馬を買おう!

予想は難しいが、「あなたの夢はどの馬ですか?」

昨日ブログに書いたエピファネイア産駒のエフフォーリアデアリングタクト

エフフォーリアは、前走(9着惨敗)から巻き返すという期待と願いがあるのか、一番人気になっている。

デアリングタクトの方も、単勝オッズ一桁台の上位人気

前者は昨年の年度代表馬、後者は一昨年の牝馬3冠馬。

復活を期待して、馬券はかなり売れている。

日本人は判官贔屓で、あまりにも強いものを嫌い、負けている方を応援することがよくある。

毎回勝ち続ける絶対王者は、嫌気が差すのか、若しくは嫉妬が出るのかもしれない。

ただ、その絶対王者が負けてしまうと、嫌いになっていたはずなのに復活を期待して応援する。

もちろん、人間の場合にはその者の人間性や生き様によるが。

ずっと勝ち続ける絶対王者もカッコいいが、ちょっと脆いところ弱いところを見せた方が、長く愛されるのかもしれない。

だから、しんどい時に一人歯を食いしばって頑張る必要はない

弱いところを見せることで、愛され、応援されることもある。

もちろん、これもその者の人間性によるものだが。

さて、馬券予想であるが、私の夢は

パンサラッサ

である。

この馬は、ハイペースで飛ばしてそのまま押しきる逃げ馬だ。

距離が2200mの宝塚記念では、「距離が長いのでは?」との不安要素もあるが、これはやってみなければわからない。

前走海外G1(3/26ドバイターフ)を優勝(1着同着)しており、実力は本物だ。

ローテーション的にも、他馬より一番間隔が開いているのが好印象。

タイトルホルダーディープボンドも強い馬であるが、5/1天皇賞(春)激走からの参戦で、ローテーション的にパンサラッサに分がある

相手は外国人ジョッキーが騎乗する3頭

C.ルメール騎乗

オーソリティ

M.デムーロ騎乗

マイネルファンロン

D.レーン騎乗

ヒシイグアス

今年だけでなく、過去のG1レースを振り返ってみると、やはり外国人ジョッキーは外せない

パンサラッサと外国人ジョッキーが騎乗する、この3頭で勝負だ。

今年上半期のG1を締めくくる「宝塚記念」

きっちり馬券をゲットする

皆さん、グッドラック!

-競馬, 趣味編

© 2022 らいあんの独り言