競馬 趣味編

エリザベス女王杯展望🏇

本日はGⅠエリザベス女王杯である。

牝馬(メス馬)同士の戦いだ。

牡馬(オス馬)相手の古馬混合GⅠに出ていない牝馬は、「弱い牝馬」と思っていたら痛い目にある。

確かに、女傑として牡馬を蹴散らした

ジェンティルドンナ

アーモンドアイ

クロノジェネシス

グランアレグリア

等を見てきたので、「牝馬限定戦」に出る馬はそれほど強くはないと思うかもしれない。

が、人間と同じで、女性は

強い人(女)

もっと強い人(女)

のどちらかでしかないのだ(笑)

だから、エリザベス女王杯は「女同士の熱き戦い」となる。

GⅠフォースのエリート若い女(3歳馬)には負けたくないと思う牝馬が、勢揃いしているのである。

そんな中で、今回本命にするのは

アンドヴァラナウト

このレースは、前走「府中牝馬ステークス組」が好成績を残している。

鞍上は、世界的名手のライアン・ムーアだ。

ムーアアンドヴァラナウトを、GⅠフォースにエスコートするだろう。

相手は、府中牝馬ステークスで優勝したイズジョーノキセキ

前走は鮮やかな勝ちっぷりであった。

鞍上は、GⅠ請負人のクリストフ・ルメール

熱き牝馬の戦いと、外国人ジョッキーのプライドをかけた戦いとなる。

さて、相手もう一頭であるが、これは本当に難しい。

牝馬三冠馬のデアリングタクト、3歳世代トップクラスのスタニングローズナミュールなど、実績馬が勢揃いしている。

デアリングタクトは、前走(6着)が今一つ。

3歳馬は、前走の秋華賞を勝つために仕上げた2頭で、お釣りがないか!?

と言うことで、ここはこのレースに3頭出しの「ウイン冠馬」から。

が、これまた三頭共に名馬であり、どの馬を指名するか迷うところだ。

ここは、を信じてウインキートスにする。

ウインと言えば、やはり松岡正海騎手

同騎手が乗るウインキートスが、陣営の一番期待している馬と見る。

この3頭を中心に、「奇跡の馬券術」で勝負だ❕


初心者でも勝てる奇跡の馬券術: 万馬券を取る賢い馬券の買い方

これで決まれば、かなりの高配当が期待できそうだ(笑)

皆さん、グッドラック❕


競馬でやってはいけない行動10選: やめれば全てが上手くいく

-競馬, 趣味編

© 2022 らいあんの独り言